自然の恵みで健康を!

ようこそ DNJサイトへ WELCOME 管理人 津山明大(薬剤師) 

安心の
日本薬剤師会
基準薬局


by 快明薬局



免疫の世界をできるけわかりやすく・・・・

 もっとわかりやすくのたとえ話
できるだけわかりやすくするため
多少正確性に問題があります。

また 病気で悩んでいる方に不愉快な表現があったらごめんなさい。

 


まず 「自然免疫」と 「獲得免疫」 この2つの言葉を覚えてください。

自然免疫は 昆虫や軟体動物から哺乳類まですべてがもつ免疫です。

獲得免疫は 背骨のある動物のみが もつ進化した免疫です。 


     1 に例えます; 


   =自然免疫     =獲得免疫     組織内の通信は    サイトカイン=伝令  です。 



普段外的の侵入にそなえて 守ってくれているのは    です。 

 

悪者を見つけると直ぐに駆けつけ 対処してくれます。

   のなかには マクロファージ 好中球  NK細胞 DCなどがいます。


悪者が 強敵で処理しきれない場合は  1   (獲得免疫)の出動を要請します。

 

通常の出動には     通常7日〜14日程度かかります。 


軍隊  の主力は ミサイル=抗体 と  接近戦戦車=キラーT細胞です。



内部の悪者にも免疫

なお      は 内乱を起こす悪者にも対応します。


「倫理をやぶり 無限に増えようとするがん細胞」や、「役目をはたして寿命がきた赤血球など」

内部にも処理しなくてはいけない問題を どんな国(人体)でもかかえているものです。

警備網を すりぬけたりして増殖(がん細胞)したり
悪者「病原体」の方が 強いと病気になってしてしまいます。


 そこで 医学は 外部から援軍を送ったり    の強化をして病気と闘う方法を発展させてきました。

  

たとえば 

抗生物質 体外から細菌をやっつける援軍のひとつです。

 インターフェロンは   通信割り込んで(伝令)になって 通常異常に悪者の存在を内部に強く教えます。 
また インターフェロン自身も殺菌能力を持ちます。



PS
もう1つ 戦えばその部分が 熱くなったり(炎症) 毒(廃兵隊)が強く集まったり 苦しい症状が起こります。
解熱剤 鎮痛剤 は こういうときの苦しさの軽減をします。(しかし 戦いにはマイナスです)


ステロイド

ステロイドは の動きを全部止めます。その結果戦いがなくなり 発熱・炎症が消えます。


もちろん そうなると悪者はやりたい放題です。


最近急増の自己免疫・がん

ここ50年ほど アトピー 喘息 リウマチ 甲状腺など 自己免疫疾患という病気の方が急増しています。

外敵が 入ってきたり内部の悪者がいるわけでもないのに    が 働くのです。


一方で内部の敵に対して     きっちり動いてくれない事案があります。

がんの発生は免疫の除去機能低下です。



原因はいろいろな説がありますが どれも一理あります。

1 人類の25万年の歴史や生命の36億年の歴史は 病原の微生物との戦いの歴史でもあります。
  抗菌剤 抗生物質 いろいろ世の中が ココ50年ぐらいで一挙にきれいになりました。
  武器があっても攻撃する敵がいないとエラーがおき自分自身を攻撃してしまいます。

2 生命は腸からできます。栄養を吸収し 使って排出から始まるのですね。
  最近の防腐剤の多い食は 腸内細菌のバランスを崩します。
  免疫細胞の60%以上腸にいます。 腸内環境の変化で免疫が変わります。

3 交通機関の発達は 世界中からの「食」を集めてきましす。
  生まれた場所でとれる 地産池消が 大きく破られると腸内環境も影響を受けます。

4 冷蔵庫・電灯・昼夜逆転生活
 




免疫の伝令 命令系統

免疫の世界の警察・軍隊は は 一定の方向で 命令伝達が行われます。


はじめて出会った相手に いきなり軍隊が応戦することはありません。
まず の取調べで 敵・見方・どんな物質が 吟味されます。
2回目は 強い軍隊がいきなり出動することもあります。
(はしかに2度かからない)

あその前に 当然国境には柵があり これが粘膜や皮膚などになします。





2度なし現象とは 

最初に     で取調べを受け 敵として   に伝わったものは  
次回の侵入で いきなり     が動きます。

はしかなどは この典型です。 
軍の中に  はしかに対しての抗体(ミサイル)できています。
2度目以降の侵入には直ちにミサイル攻撃
はしかは発病しません。 

インターフェロン治療とは

分かりやすくするため 正確性は 欠きますが 電波ジャックで 命令系統入り込み 
命令の強化(免疫の強化)や 行き過ぎた場合は(免疫の誤作動)命令の取り消し
人工的に行わせようとするものとお考えください。 


α β γなど種類で作用も異なりますが・・

 インターフェロンは 反応の鈍い電波のかわりに 強い電波(割り込み)を強制的に入れて 
とても強敵がいるからと伝え  軍隊の強い部隊に出動を促すのものす。
結果 C型肝炎など 通常警備の軍では 気づかない悪者をやっつけて完治に導けるようになりました。

しかし 外で作り出す インターフェロンは 鬱 発熱など 強い副作用をもたらします。

代替医療  

通信伝令はインターフェロンだけではありません。

TNFアルファー インターロイキン など多々あり 人工的にはまだ作れないもののほうが多いです。


霊芝・カワラ茸・アガリクスなど キノコ成分は もともと 菌(菌糸体・菌母体など)でできています。

通常の免疫反応では  悪もの(     )の除去は 菌が入り 自然免疫=   が駆けつけ 侵入者を調査し
伝令をとばし応援要請 手が足らないとが     出動し対応いたします。


そこで
毒性のない菌類をあえて摂取、上手に使うと・・・ 
いろいろな病気の治療に導ける場合があります。

「ワクチン 血清」 は 菌やウイルスを元に造ります。
「菌」は人間の免疫を活性するのも見方にも敵になるのもなるのです。

「菌」を使って免疫のスイッチを操作する
代替医療があります。

といっても 簡単ではありません。

闇雲に「菌」をいれても ほとんどが 効きません。

この選択はむつかしく 付随の環境も大きく関係します。。




少し 免疫のシステムが わかられましたでしょうか?

自己免疫や免疫強化で お悩みの方は ご相談ください。

免疫を正す漢方治療を お問合せください。

店頭ご相談はご予約制です。

050-1464-2247
ドラッグネットJP快明薬局
       平日10:00〜19:00  土曜日10:00〜13:00
       定休日  
     日曜   祝日 



     TOP