免疫のお話1         DRUG-NET.JP

免疫と生活のつながり


36億年の時間をかけて 生命は 免疫を成熟させてきました。

人類は 25万年の歴史をもつ 生命です。


受験の年に 家族みんなでインフルエンザの予防接種を 受けた経験はありませんか?

インフルエンザ以外にもはしかなど 多くの予防接種を耳にしますがなぜ予防できるのでしょう・・・?

春になると 花粉症(目のかゆみ 鼻水 咳)でつらい時期になる人は なぜでしょう?

免疫システムがいろいろと動いて起きることです。
 
 

一見関係のないように見えることも、深く免疫が関わっています。

  臓器移植で 適応がなかなか見つからないこと 
  
  エイズ患者(後天性免疫不全)の人が 健康な人がかからないような病気(日和見感染)になること 
   
  外敵からだけでなく、内部(体内)で発生した「がんの芽」が 除去されずに増え続けてしまうこと、などです。



<免疫とは>

相手(対処物)が 異物かどうかを決めて 

<排除>あるいは  <許す(寛容)>を決める
 システムです。


免疫の除去機能は 正常なからだでは自分自身(臓器 善玉細菌 タンパク質など)に反応しません。

一方 これら以外のもの(病原菌 ウイルス がん細胞)に対しては しばしば排除しようとして 
免疫反応(応答)を引き起こします。

      「 自己−非自己の認識 」 

人のからだは 免疫があるから 自分自身であるという状態を維持できるのです。(恒常性)

補足
<リウマチ 喘息 膠原病 甲状腺 など自己免疫の病気は 「免疫のエラー」まちがって正常な細胞を攻撃することでおきます>

<また がんも「免疫のエラー」 取り除くものが体内にできても正常に取り除けず増殖したことで 起きます>



 ポイントの言葉 免疫寛容  自己ー非自己認識 



世界には 何千万種という生物(細菌)が 存在し その生物の中には 人間の体内に侵入して 

病気を引き起こすものもいます。

病原体と呼ばれます。

しかし 同じ病原体が 侵入しても 病気になる人とならない人がいます。
病原体にとって 抵抗性をもっている人で この抵抗性を 「生体防御」 といいます。


いろんな免疫が からだを守ってます。




繰り返しますが 免疫は外からの敵だけでなく中でできる不要物も排除します。

外的の侵入だけでなく 維持管理も免疫 (内部の老廃物や不要物の除去)

○たとえば 
がん細胞は われわれの体内で常に 生まれます

 これを体内で増えないように未然に破壊する免疫機構も備わっています。
 



○「一度かかった病気は 2度かからない」ことを 免疫と理解している人もいるでしょう。>
  一度体内に入った病原体を 記憶して再度の侵入に際してはすぐに迎え撃ち(担当免疫細胞の増殖)発病を防ぎます。



正常時は 健康維持
異常時は 病気

  次へ