自然の恵みで健康を!

からだに 酸素を運んでくれるのは 赤い血 赤血球のヘモグロビンです。
酸素がないと 細胞は生きていけません(がん細胞除く)




ところで 良い 赤血球の要素の1つは 変形能力が 優れていることです。 



赤血球の直径は 毛細血管より へちゃがる(ぺしゃんこになる)方言?って通過します。

そこで この へちゃがる能力が大事なのですが・・ 
糖 表面の膜が 硬くなると ぺしゃんこ能力が落ちてきます。

なぜ? へちゃがる必要が?
実は 毛細血管の壁に擦り付けがあることで 運んできた 酸素の
受け渡しが 行われるのです。


糖尿病の検査値
ヘモグロビンA1C は 赤血球のヘモグロビンに付着した糖の量で
血液中の糖濃度の2ヶ月平均を見ています。

さて 変形能力が落ちると 当然詰まり易くなるのですが 

毛細血管(細い管)を通過させるためには 血圧が上がります。

葉緑素は良質な赤血球(ヘモグロビン)に必要です!


私たち動物の体内を流れる血液。
酸素や栄養を運ぶと同時に、不要物を運び出す
役目を担っています。
?植物にもよく似た働きをもつ物質が存在します。そう、葉緑素です。
光合成により二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。
?血液と葉緑素。
別物のようですが、化学式でみれば違いはごくごくわずかです。




その答えは、
36億年前の地球上にありました。

原始の地球上に生まれ、生命誕生のきっかけを
つくりました。動物には血液を、植物には葉緑素を与えたのです。


    




店舗案内
松寿仙
ページ1へ
松寿仙
ページ2へ