ルミンAの基本作用
作用機序は 箱や添付分には 書かれていません・
そのため 薬事法上 なかなかPRされません。
当ページの情報は 薬事法に必ずしも 準拠してない場合もありますので自己責任で閲覧ください。


薬がどのような過程で 効くかを「作用機序(さようきじょ)」といいます。
胃薬に使われる 重曹は 「胃酸を中和することで 胃のむかつきを抑える」
などが作用機序です。

では ルミンAは どうでしょう_?

ややこしいことは 極力省いて ルミンAの作用機序を考えます。

----------------------------------------------

傷・怪我 で 死んだり もう駄目細胞は 体では異物となる(ごみ) 
この駄目細胞を からは 自らを 取り除くための シグナルがでる。

 ↓
 
この取り除きシグナルが 多いと 大きな怪我があるということだが、
このシグナルは修復力を 向上させる シグナルともなる。

 ↓

ルミンAを飲むと このシグナルと同等のものを
免疫細胞(B細胞上の糖鎖)の一部を利用して増やします。
(ルミンAは 免疫の一部を利用する間接作用のみ)
 
 ↓
 
結果 重篤な怪我があると勘違いをして生態は修復系を強めます。
これは 炎症の早期 終了に役立つことになり、
傷 焼けど 凍傷 アレルギーの効能が 付いてます。

 ↓
 
怪我のとき 休む。(眠気) 
修復過程で いらないものは出す(便通) 漢方の排毒
異物排除修復のとき 細菌も一部除去する。

 

 

     結論  怪我をしたと勘違いさせる。 ただし 免疫細胞の一部を使うため 自然のシグナルである。
                ルミンAは 化学物質だが たんぱく質と結合できない構造のため 14時間程度で 大半は体外に出る。
  修復力は 怪我がないと大きく発揮されない生命の摂理を利用したものである。
                  

              
    格安ルミンA(Bロット品)ございます。 

お問合せは(平日10:00〜19:00 土曜日10:00〜13:00) 
050-1464-2247
ドラッグネットJP快明薬局へ
(全国どこからでも市内電話ていどの通話料です)
日曜 祝日はお休みです。

   
(病院薬併用相談)
 

 

ルミンAのページへ

  へ