岡山の相談薬局   MADE IN 岡山ルミンAを紹介 いたします。

当ページは ご相談の多い癌(がん)についてです。

管理者(薬剤師)の経験 主観を元に書いてあります。
内容は自己責任判断ください。

 
 

もっとも多いご質問 

 ルミンAは 癌に効くでしょうか? 
 
 まず 薬事法上では ルミンAは 癌に効くとはいえません。

 
 つまり 法律では 認められていないのです。
 


 では 科学は?
 
 ルミンAは マクロファージという原始的な白血球の「異物や細菌を 食べる能力」を活性します。

  (原始的とは 虫などの生命のピラミッドの下等生物にもある白血球だからです。)

 
 補足
 脊椎の動物にしか 大きな免疫 <キラーT細胞 や 抗体>はつくれません。


 マクロファージが 異物・細菌と一緒に 癌細胞も食べてくれるので 多少効果が期待できそうです。
 
 しかし 多少手助けになっても、最大に動いてほしいNK キラーTにはなかなかどときません。。
 



 免疫の始動は 病原体・異物の進入と 自分の不要細胞(ケガ・老化)の除去 主に2系統です。

 ルミンAは 「飲む傷薬」とか言われていますが、「飲む抗菌剤」とは いわれません。
 
詳細はココ
  
癌は 手ごわい病気ですので、 病気 怪我 2系統の自然がくれた治癒力を 
上手にあげていくことが必要です。

NEW 低酸素と癌

                     

 代替医療・漢方治療を望まれる方多くは 
病院の手術 放射線 抗がん剤併用治療になります。

抗がん剤治療に伴うダメージやリスク軽減の漢方あります。

店頭相談はご予約制です。

お問合せ 

遠方の方は まずお電話ください。
FAX番号をご案内しますので病院の検査表をお送りください。
再度お電話での問診後、ご希望に応じた方策をご提案いたします。


050-1464-2247

遠方の方は 病院の検査表をFAXください。
お電話での問診後、ご希望に応じた方策をご提案いたします。


お問合せ 

050-1464-2247

時間



癌の相談 ポリシー


 



  あらためまして 

癌の代替医療は 情報が多すぎて混乱してしまいます。

病院もですが  代替医療を行う薬局の選びでは さらに迷われる方が多いと思います。

「ありがとう、おかげさまで」と言われるようにを心がけております。。


信頼関係が一番ですが ここでやりにくいのが  情報提供者と販売者が同じということです。


一部の誇大広告や体験記のように 簡単な治療はありません。
決め手があれば とっくに治療方が確立しています。



ルミンaを含め 良いといわれるものがあります。
 
十全大補湯 ジュウゼンダイホトウ 補中益気湯 ホチュウエッキトウ 霊芝 レイシ
<ルミンA キノコLEM菌糸体 緑 ミネラル マコリピン 温泉 針 温熱> など 
意味・作用の違いを ご説明いたします。
サポートコール 050-1464-2247

癌治療においては 
免疫(怪我・病気)  腸内環境 循環 低体温 坑酸化 活性酸素 動脈硬化 糖尿 ect 
多くの問題を同時に処理しないといけないことが起きます。




癌(がん)

癌になると ・・・

多くの患者さんは がんになって初めて聞く言葉や意識してなかった
「免疫」などといった言葉が いきなりやって来る感じに戸惑われます。。

そして 体験記(1000人に一人でも体験記)や 「これが効いた」 「XX医師・博士推薦」
などに過剰反応してしまいます。

「〇〇茸が効いた」「中国古来のXXで生還」などという表記はよく見かけますが
そんなに簡単都合の良いものはありません。

あれば とっくに治療法として確立されています。
体験記や実績なども 全体母数「一万人に一人でも体験記」が何人かわかりません。


しかし 癌(がん)に何をやったら良いかは 科学的な根拠がはっきりしてきました。

(医学がまだ追いついていない病気のため 病院に治療だけでなく代替医療をされる方が多いのです。)

いろいろな研究会で 多くの先生知り合い お互いに情報交換をしています。

がん治療で良い結果を導く要因は体のバランスです。
なかでも 以下の3つをフォローしてください。


免疫をあげる 血管新生抑制 体力(治癒力)維持増強
この3つのバランスがうまくいと良い成績を上げています。
 
     
 
 ① 「免疫」なんといってもこれが頼りです。
ここは 多くの方が意識されます。 
ストレスによる免疫負荷を取り除くことも大切です。 <笑いは健康の元>
 
肝臓がんの治療に血管を一次的に詰まらせて
がんに行く栄養を止める肝動脈塞栓療 があります。
兵糧攻めが完璧なら がんは死滅します。
(肝臓は2系統の血管があることから可能です)  
白血病は血管は関係ありませんから ここは除外です。
 
 ③ 体力がないと戦えません。
なんといっても食が大事です。
からだはは20種のアミノ酸・ミネラルなどからできています。
この補給がかかせません 


がん代替治療(だいたいちりょう)では 上記3つのことが          重要であることは はっきりしています。

問題は その方法です。


「免疫」
個人差が大きく 「免疫をあげる」などと一言でいっても単純ではありません。

NKが増えるとか キラーT(TCL・細胞障害性T細胞などともいう) マクロファージ活性
何のこっちゃです。

医歯薬系の教科書にでてくる免疫を学ぶのも良いのですが、

とにかく結果重視で 実践免疫を考えました。

「外敵」と「不要物=ゴミ」存在は免疫を動かすきっかけになります。


ここで複数を合わせることにより リスク軽減をします。

体温を上げ 低酸素部位を減らすことも大切です。
NEW 低酸素と癌

                   


「血管新生抑制-兵糧攻め」

こちらは 個人差はなく使うものも決まってきます。

、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)これががん細胞に血管を引いてくる物質です。
アバスチンという静脈注射が このVEGFを抑制するのですが
このVEGF因子 悪い血管を作る「悪」の働きだけでなく
血管の内皮を通過させ通常細胞に栄養を送る「良い」働きもあります。

アバスチンは特に 血管系に副作用がでます。
血管は命を繋ぐものですから副作用は、気持ちのよいものではありません。

また 健康保険では アバスチンの使用は限定されています。
だれでも使えるわけではないのです。

ところで 天然に安全なもので この種の作用のあるものはないのでしょうか?

実は サメ由来のものの一部にに 血管新生抑制作用のものがあります。
もちろん 医薬品ではありませんし、めちゃくちゃ強い作用もありません。
とにかく 血管系のものは 上手に適量を使うことが(体調・状況で使い分ける)必要です。
 
写真はサイト管理者の親類縁者 1cmの扁平上皮肺がん
血管が放射状にできている。



体力

肉まったくとらないなどといった方法は 間違いです。
人のからだは 20種類のアミノ酸からできています。
そのうち9種類は必須アミノ酸といい 体内で作れないため 絶対補給必要です。


食べ物には 生物価 アミノ酸価などといった数値指標がありますので
適度に高いもを 適量取るが良いという話になります。

食物のたんぱく質は 体内で分解されて アミノ酸になり 
再びアミノ酸を組み立てていくことで 人の体を作るたんぱく質となります。

検索ワード 生物価 アミノ酸価 必須アミノ酸 などでみてください。

強壮剤の落とし穴
カロリー 栄養もない いわば無理やり元気を出さすものがあります。
最初はいいのですが やがて効かなくなります。

安心できるものは 古典にもとずく 上品(上品薬)です。

日数に合わせた365種の薬物を上品(じょうほん、120種)・中品(ちゅうほん、120種)・下品(げほん、125種)と
薬効別に分類されていることが特徴的である
 上品薬  予防医学に最高のもの   松 牡蠣 クコ 人参など
 中品薬  体力強化  当帰 麻黄 芍薬 など
下品薬 治療薬 鉄 塩 大黄 トリカブト

上品は養命薬(生命を養う目的の薬)で、無毒で長期服用可能        

中品は養性薬(体力を養う目的の薬)で、使い方次第で毒にもなるので注意

下品は治病薬(治療薬)で、毒が多いので長期にわたる服用はよくない   
 



サイト管理者は 病院薬剤師の先生方の
 抗がん剤研修履歴
癌の化学療法研修会へ参加させていただいています。


代替医療・漢方治療を望まれる方多くは 
病院の手術 放射線 抗がん剤併用治療になります。

抗がん剤治療に伴うダメージやリスク軽減の漢方あります。

店頭相談はご予約制です。

 お問合せ 
遠方の方は まずお電話ください。
FAX番号をご案内しますので病院の検査表をお送りください。
再度お電話での問診後、ご希望に応じた方策をご提案いたします。


050-1464-2247


時間

 
午前10:00~12:00
午後12:00~06:00 1:00

※日曜日と祝日は お休みです。
  
ルミンAのページへ

  へ