免疫解説 第2弾 実践     

もっとわかりやすくのたとえ話

できるだけわかりやすくするため多少正確性にかけます。
   病気で悩んでいる方に不愉快な表現があったらごめんなさい。
薬事法上商品名の記載はしていません。
また 当ページの情報は自己責任でご覧ください。


免疫はたくさんの[病原体]や[体内の不要物]の処理に対応しています
医薬系の免疫の教科書では
 
「自然免疫 (背骨のない動物) 獲得獲得免疫(背骨のある動物)」
などの分類から始まりますが、、

ここではと以下の@Aに分けてる考え方がわかりやすいと存知ます。
          
   
@外敵からの侵入対抗システム

A
内部ゴミ除去システム


                    @体は 「外敵の侵入から身を守るための免疫」を持っています。
  

A生きていくためには 体内に ゴミができます。 
  たとえば 皮膚の上で 古くなった皮膚は垢となってでていきますが 
  体内ではマクロファージという白血球 古くなった細胞を食べて
  除去しています。
  「体内の不要物を取り除く免疫」
 
ポイント 
@外敵からの侵入対抗免疫 A内部ゴミ除去免疫にわけてみる。

@外敵の代表選手は 細菌やウイルスです。
A内部ゴミの代表は 傷つきダメになった細胞です。 
  
  もちろん両方とも取り除く必要があります。
----------------------------------------------------
@外敵からの侵入
ばい菌が入ると免疫はよく動き出します。
つまり菌を感知すると免疫は動くのです。


キノコ類の成分は 菌体できています。 
菌体が入ると体のTOLLという受容体(センサースイッチ)などが感知して 免疫反応が始まります。

毒性もなく悪さもしない「菌体」を入れる
        ↓
免疫は 強化・補正されたりします。

この(外敵の侵入で動く)免疫は 
抗体を作ります。

-------------------------------
抗体が関係する病気は

リウマチ アトピー 喘息
がん 甲状腺 膠原病・・・・多数
------------------------------------


抗体異常や 奥の深い免疫の病気には
キノコ(菌)をいれて センサースイッチを操作する
これが霊芝などキノコ系を治療に使う理由の1つです。
 (合うのもを探すのがむつかしい)
       
補足(抗体とはYの字をした武器です)
 
A内部ゴミ除去
怪我 火傷など細胞がダメージを受けたときそのダメージ細胞の除去が早いことが
治癒の早さの要因になります。

ダメになった細胞からは 
Lyso-PC(ライソピーシー)という物質が出てマクロファージをかき集め 
食べてもらって除去を促します。
(滅亡を通知するスイッチ)

ライソPCの量が多いと
ダメ細胞やダメ細胞の回り細菌の
除去も速くなり 治癒が高まります。

ルミンAの成分感光色素はこのライソPCと同じ働きをします。
-------------------------------
マクロファージ呑食アップでよくなる病気
火傷 怪我 がん 皮膚炎 炎症疾患
-------------------------------
炎症反応に使う
 炎症は細胞がダメージを受けている証拠

そこでダメージ細胞を取り除くのに優位に働きます。
          

@                                          


A                                         


@霊芝LEMなど菌体は外部から進入した免疫の強化や補正に


A感光色素は 自分の細胞を除去していくための免疫に          

  重要なのは目的に合わせて使い分けです。

要点 
「霊芝LEMキノコ系」
「感光色素」では スタートのスイッチが違うのです。

外部からの進入信号でで免疫を動かすのが 
LEMキノコ系(菌体)です。

自分の細胞からのエラー信号に見立ててで 
免疫を動かすのが (炎症)感光色素です。
 

自己免疫疾患(リウマチ バセドウ 橋本病 喘息 アトピー など)
の多くの自己疾患は 
抗体を作るB細胞の暴走で 
間違った抗体が作られています。
抗体はもともと外部の病原体の侵入がスイッチとなって
作られるのですから補正は キノコ系が優位です。


補足
免疫細胞はネットワークをもっています。
影響しあうことが起こります。
一方の増強でもう一方が上がることもありえます。


 

免疫を正す治療を お問合せください。

自己免疫や免疫強化で お悩みの方は ご相談ください。
(リウマチ バセドウ病 橋本病 喘息 アトピー がん ヘルペス 肝炎ect)

店頭ご相談はご予約制です。

予約 電話相談 050-1464-2247
(全国どこからでも市内料金通話料IP電話)
ドラッグネットJP快明薬局
       平日10:00〜19:00  土曜日10:00〜13:00
       
定休日  日曜日   祝日