ガンのための免疫システムは 大きく2つに分類です。


          



がん細胞攻撃には 3つの白血球
(ここでは抗体をつくるB細胞の話は複雑化するので省略します)

これらの除去能力は  最強 キラーT  次が NK細胞  そして マクロファージの順です。
まず これを ご理解ください。
(一番吞食 能力が弱いマクロファージですが には キラーTや に応援要請を出す能力を持ってます)

では 免疫強化で ガン退治資料です。


 自然免疫

背骨のない動物 下等動物 にある。  人も持っている。

最前線で働くため ウイルス進入時などでは この働きしだいで<発症>するしないが分かれる。


(一番吞食 能力が弱いマクロファージですが には キラーT(獲得免疫)や に応援要請を出す能力を持ってます)
ですから この免疫もとっても重要です。

 獲得免疫
背骨のある高等動物だけが有する


人は 両方を持っていることをまず理解ください。

体を守る力は 37ぐらいで獲得免疫が大きいです。

それと この2つの免疫システムは 互いに情報を共有し
助け合っています。絵文字


そして この2つの免疫を 上手にコントロールすることが
がんの救命や 膠原病 アレルギー(アトピー 喘息など)
治療への
道につづくことになります。

------------------------------------------------------------------------                                  
脊椎のない動物のもつ免疫 
 虫とか蛸とか いわゆる下等動物にも がんはできるし(ガンは 自分の細胞異常です)ウイルス 細菌は入る。

でも ちゃんと生命を維持します。マクロファージ    や NK細胞という白血球    が

主に生体を守ってます。

<
通常 商品名は指示しませんが ココを確実にあげるものは 感光色素成分の医薬品です。
これで確実に上がります。サプリ云々の比ではありません
>

体温は 必ず必要ではありません。(もちろん あるほうが<恒温動物>のほうが優位です)

この自然免疫によって水温の低いで生きている背骨のない動物 
北極や南極の海の生物 温度がないのにちゃんと体は 守られています。




---------------------------------------------------------------------------
脊椎のある高等動物の 

進化した動物の免疫です。 抗体て言葉を聞いたことありませんか? 

ワクチンで抗体を造らすなどは この獲得免疫を利用してます。 (抗体を造るのはB細胞)

ここに(獲得免疫)に ガンを最高に除去する キラーT細胞    という白血球がいます。


(これが 増えてどんどんガン細胞を 除去すでば 働けば問題解決です)

しかし 獲得免疫は 進化した動物の免疫で そう簡単に操作できません。
そのため 多数の手段があります。

きのこ 温熱 抗ストレス 腸管バランスなど いろいろな要素が絡んできます。



獲得免疫を活性刺激
獲得免疫細胞を刺激して活性するにはきのこ絵文字由来成分がよいのですが、
その人に合うキノコがなかなかみつかりません。


例えば
アガリクス茸が ガンに効くと騒がれ その後まったく効かないで 
いわゆるバイブル商法(本を出版して その本に
CMを載せる)で 問題になりましたが・・
アガリクス茸の成分が 効く人は たぶん5%ぐらいいます。
(遺伝子学上に日本人にはアガリクス由来のマンノース成分に
よく反応する体質を持った方がわずかにいるでしょう。)
しかし 約95%は 効かなかったわけです。 


個人でかなり 差がでるので いろいろ工夫が必要です。


そこで 2系統以上のきのこ絵文字を使うのがお薦めです。

     

普通 きのこの成分は 多くが六角形の糖の鎖でできています。 
しかし 中には 五角形の成分を 含むものがあります。

この 違った構造をもつ 糖の鎖を 掛け合わせることで 相互作用を起こそうとします。
 
「なんとか茸は すごい ・・とか 」 という怪しい広告 言葉に惑わされず、
単品で 高額なものを使うより掛け合わせがベストです。

複数のキノコを潰して発酵させ 椎茸に吸収させる いわば人口成分調整キノコが通常よりは 
良いと思われますが。



決め手がないので 2種類以上絵文字の掛け合わせが ベストです。
どのきのこの糖鎖を選ぶかは 十分信頼おける専門家と 相談してきめてください。
(個人 個人で 違います)


 

双方のためには
 免疫を直接 刺激するだけで 3種類以上使えればよいですね。

<自然免疫 刺激(マクロファージ)には 感光色素成分  獲得免疫(キラーT)刺激には 2系統以上のきのこ由来糖鎖>
理論上は こんなところではないでしょうか?


免疫刺激 セット 月約 3万円~12万円ぐらいを ご提案いたしております。
お問い合わせは 050-14647-2247(全国どこからでも市内料金程度の通話料)へ



勘違いをされている方が 多いのですが・・・


免疫は 刺激されても その バックグランドが充実していないと活性されてきません。
こんどは
絵文字
刺激した免疫を よく動かすためにはです。

代謝や温度で栄養や酸素が供給されないと免疫細胞は 働けません。
<アミノ酸や カルシウムなどのミネラルも必要>

血流 代謝を良くするのに
温熱療法や(温泉 マッサージ 針 灸)

クロレラなどの葉緑素サプリ 
(がん細胞の増殖や発生に使われる活性酸素を減らす作用もあり)
お野菜生活で 動物食をできるだけ避ける。

蝦夷ウコギなど熱量増強サプリ
(細胞内のエネルギー発生機 ミトコンドリアを活発にするとか)

が良いとなります。




腸管には 免疫機関が多い(体内に吸収するものと排出するものを見分ける。腸が悪いと免疫全体に影響する
整腸剤 酵母菌を積極的に取り 動物食を避けること

安保徹先生の 胸腺外T細胞 (胸腺は キラーT細胞の元の T細胞の精製選択をするものでで 免疫の主中枢器官です)
でもとりあげられましたが、 腸は 食事の良い悪いを、見分けて 吸収する 出すを 決める器官です。

からだにとって 必要 不要を 見極めるため 免疫上 重用な 位置にあります。
腸が 悪いと アトピーや喘息は まず 治りません。

明治○菓や ヤク○トなどから 免疫に 云々の 乳酸菌サプリが 発売されています。
また 乳酸菌のサプリが がんに効いたなど 少々誇大な表現の本などが ありますが、
理論的には 腸が 大変免疫に重用なことは事実です。



まとめると
絵文字自然免疫刺激には 感光色素成分

絵文字
獲得免疫細胞刺激に 2つ以上のキノコ成分絵文字

絵文字
血流・代謝対策絵文字絵文字

絵文字
整腸対策絵文字

免疫のバックグランドセット  月 1万~10万程度のご提案をいたしております。

お問い合わせは 050-14647-2247(全国どこからでも市内料金程度の通話料)へ


人の獲得免疫は 進化した哺乳類のシステムが複雑なだけに かなりいろいろすることがあります

あと ストレスをかけない かけると免疫全体が狂う。
落語や漫才なの笑いを増やすとNK細胞が 活性する

NK細胞の量を お笑いを見る前と 見た後で測定すると 見た後は 増加が認められるそうです。



骨折が まずい。お年寄りが 骨折のあと急に体調を崩される・・・

おおきな骨は 免疫細胞の製造場所です。

ストレス と 骨折は 免疫全体を狂わせます。

生命のリズムに忠実に
夜更かしせずに 早寝早起き バイオリズムを狂わすとやはり免疫によくないようです

ここまでが ガンのための免疫 システムのお話です。

免疫と少しはなれた 代替医療のお話です。

直接攻撃 アポドーシス誘導型
フコイダンやプロポリスには 免疫細胞を使わずに それ自身にガンを殺傷する作用があります。
アポドーシスというわれる方法で 寿命のないガン細胞に寿命を認識させる(正確にはちょっと違いますが)方法です。

免疫細胞が活性して(キラーT NK マクロファージ)ガンを除去する方法とは違い 
体力がなく免疫が 上がってこない人にも有効に使えます。


兵糧攻め 血管申請抑制
抗ガン剤に アバスチン とうものができました。
殺細胞の抗ガン剤ではなく 血管新生抑制剤です。
がん細胞は 通常の細胞よりエネルギーを必要とするため、自分にむかって血管を造るので 逆に血管を造らせなくすれば増殖が抑えられます。
サプリでは マコリピンなどの鮫関連品にこの作用があり 代替治療には欠かせないと思います。
アバスチンは 高額で健康保険が 他の抗ガン剤が効かないとか再発したときとか制約をつけてますので 
医師が思い通りにつかえません;、
また 副作用もでますので 血管新生抑制サプリを早めから使うべきだと思います。


あなどれない漢方薬
なぜ効くかわからなくても使う価値あり
漢方薬
ハトムギベースを お薦めです。

ハトムギ  いぼとり有名です。
高濃度のハトムギが よいようです。
4つの薬草を ブレンド 
WTTC(かつて千葉大医で考えられ 胃がんの作用が学会発表されたた)といわれるものがあります。



免疫と関係のすくない代替セット  月 1万~4万程度のご提案をいたしております。

お問い合わせは 050-14647-2247(全国どこからでも市内料金程度の通話料)へ


以上 代替医療をまとめてみました。

 免疫刺激 セット   免疫のバックグランドセット  免疫と関係のすくない代替セット
 月 3万円~12万円ぐらい   月 1万~15万程度  月 1万~4万程度
 
 注意 日本の薬事法では 厚生労働省が 認めた医薬品以外 商品の効能効果をPR 掲載できません。
    悪質なものを 取り締まっていただくのは よいのですが 良いものも埋もれさせていまいます。
    (せめて 旧国立大学(独立行政法人)が 学会 論文発表したものぐらいは 規制を緩めるべきとおもいますが?)
    
   このページの内容について お問い合わせいただく場合は 
   上記内容をご検討のうえ 薬事法逸脱のお話がでるかもしれないを ご承諾の方のみ お問い合わせください。

   エビデンス(医学会でいわれる証明)レベルの 確かな話に基づて ご提案してまいります。
   
    サイト管理薬剤師 津山明大


お問い合わせは 050-14647-2247(全国どこからでも市内料金程度の通話料)へ