ルミンAは マクロファージを活性することにより 免疫に影響をあたえるのですが? 科学的にただしくても 薬事法では この表記は問題があります。
このページの情報は 自己責任において 恵閲覧ください。 当サイトは 海外サーバより発信しています。


単純に 免疫には いろんな種類があり ルミンAは そのうちの 一部に作用する とお考えいただければ十分です。



自然免疫は 防衛軍にたとえると 常設部隊
最前線に立って戦い あらゆる細菌やウイルス、
異物に反応して
行動を起こすため非特異的防衛機構と呼ばれます・


一度ある病原体に感染するとその記憶が生体に
のこり同じ病原体が侵入しても2度発症しないという
「2度なし現象」が 獲得免疫の特徴です。

特定の内外の敵から生体を守るので
特異性防衛機構とも呼ばれます。

アレルギー(アトピー喘息)膠原病などは 
獲得免疫の暴走
反乱軍が起こしています。
 

             白血球の種類 
              このうち ルミンAで活性されるのは
              マクロファージとされています。

白血球の種類

顆粒球

好中球

病原体の食作用

好酸球

細菌を殺す

好塩基球

損傷や感染への体の反応を強くする

無顆粒球

単球

マクロファージ・・・
(抗体で覆われた病原体の食作用と殺菌作用)

リンパ球

(白血球の25%〜30%を占めている)

B細胞

抗体グロブリンをつくり細菌を退治する

T細胞

「ヘルパーT細胞」
(免疫システムを活性化する)

「サプレッサーT細胞」
(不必要な免疫反応を抑制する)

「キラーT細胞」
(ウイルスなどの異物を攻撃する

NK細胞

ガン細胞などの異物を退治する

ストレスが 多いと 顆粒球が増えて ガンなどの要因になることもあります

 



免疫には種類があって いろいろな 複合要素で保たれています。

このところだけ まずは ご理解ください。